モータースポーツコンテンツ

モータースポーツコンテンツ

レース&デモラン

デモラン - レジェンドマシン

マツダ 787B 1991年 ルマン24時間レース優勝車 55号車

ジョニー・ハードート(イギリス)、フォルカー・バイドラー(ドイツ)、ベルトラン・ガショー(フランス)の手により、1991年のルマン24時間レースで総合優勝を飾ったシャシーNo.787B-002。国内ではこの55号車がルマン優勝20周年となった2011年に、1991年当時のメカニックやエンジニアらの手によってフルレストアされ、以後動態保存されています。55号車は、マツダ株式会社により永久保存マシンとされているため、通常は広島のマツダミュージアムで展示されています。もともとこの55号車は走る機会がごくわずかに限られており、今回のデモランはまさに貴重なワンシーンとなります。

ルマン優勝時のデータ:
周回数362周 4923.2km / 平均速度 205.333km/h / レース時ベストラップ 3’42.958

マツダ 787B

カペラロータリー マツダオート東京 寺田陽次郎仕様(オーナー:本間 一倫)

1971年8月の全日本富士1,000kmに出場した寺田陽次郎/岡本安弘組のカペラロータリーレプリカマシン。エンジンは12Aペリフェラリポート仕様で、最大出力は250psをマーク。外観は当時の風貌をほぼそのまままとしていますが、シャシーは現代的にアレンジされ、サスペンションは当時と同じ形式ながら、ジオメトリーは最新のコンピューター解析に基づき新設計されたアームやピロボールを採用。併せてボディ各部にも解析結果に合わせた適切な補強を施しています。オーナーの本間さんは、他にもサバンナRX-3や片山義美がドライブしたGCマシン、JGTCに参戦していたロータリーエンジン搭載のロードスターなど多数のマシンを所有しており、その多くが動態保存されています。

カペラロータリー

ファミリアロータリークーペ 1970年スパ・フランコルシャン24時間レース仕様(オーナー:加藤 仁)

1968年、少量生産のスポーツカー、コスモスポーツによるニュルブルクリンク84時間レース(マラソン・ド・ラ・ルート)参戦によって、ロータリーエンジン車によるレース参戦の幕が切って落とされると、同年7月にファミリーカーとして発売されたR100(日本名:ファミリアロータリークーペ)でも早速レース参戦計画が策定されました。1969年には、コスモスポーツに代わりマラソン・ド・ラ・ルートに参戦し、1970年にはシルバーストン、ニュルブルクリンク、スパのヨーロッパツーリングカー選手権に出場しました。現地では格上のマシンと互角に渡り合う小柄なロータリークーペは、「リトルジャイアント」というニックネームで呼ばれていました。このマシンは、1970年のスパ24時間に参戦した当時の仕様を忠実に再現しており、国際的なヒストリックカーレースに参加可能となるFIA/JAFヒストリック・テクニカル・パスポートも取得している本格仕様のレーシングカーとなっています。

ファミリアロータリークーペ

コスモスポーツ 1968年マラソン・ド・ラ・ルート84時間レース仕様 18号車(オーナー:井出 満)

1967年5月に東洋工業(現在のマツダ)初のロータリーエンジン搭載車のコスモスポーツが市販され、同時にロータリーエンジの耐久性を世界に証明するためのプロジェクトがスタートしました。当初は世界7大陸を走って耐久性を証明するという計画でしたが、これが中止となったため、世界一過酷なレースといわれるこのレースへの出場が決まりました。レースは18号車の片山義美/片倉正美/古我信生組が5位走行中の81時間目でリヤアクスル破損によりリタイアとなるも、もう1台の19号車は4位でフィニッシュし、初挑戦で入賞という見事な結果を残しました。このマシンも日本クラシックカー協会主催のレースや各地で開催されるサーキットイベント等に参加しており、現役で各地のサーキットを元気に走っています。

コスモスポーツ

ファミリア1000クーペ 1966年マカオGP 52号車 片山義美仕様(オーナー:三好 稔)

1963年の第1回日本グランプリに、プライベート参加のR360やキャロル600が初登場しました。レース結果がクルマの販売に影響することが明らかになった翌年の第2回日本グランプリからは、各メーカーがワークスチームを結成し、開発競争に加わります。マツダは水冷4気筒OHVという当時の先進的エンジンを搭載したキャロル360とキャロル600を投入しましたが、スバルやスズキの軽量でハイチューニングされた2サイクルマシンの後背を拝する結果となりました。その雪辱を果たすべく、1965年の第3回日本グランプリに向けて開発されたファミリア800でしたが同レースが中止となったため、マツダは同車を海外レースに出場させる決定を下します。そして1966年春のシンガポールGPに出場し、クラス1~3位を独占する活躍を見せると、秋のマカオGPでは更にSOHCエンジン搭載のファミリア1000クーペを登場させ、クラス2位3位4位、ファミリア800もクラス1~3位を独占する活躍を見せました。この52号車は片山義美がドライブし、2位となったマシンを再現しています。

ファミリア1000クーペ

サバンナRX-3 マツダオート東京 寺田陽次郎仕様(オーナー:辻 良冶)

サバンナクーペに輸出用の12Aエンジンを搭載したサバンナRX-3は、「ロータリー対スカイラインGT-R」という構図を脱却し、「ロータリーに敵なし」のフレーズを生んだエポックメイキングなマシンです。スカイラインGT-Rを下したのち、サバンナは登場からわずか4年数ヶ月で国内レース100勝を達成するなど数々の逸話を残し、現代でもその研ぎ澄まされた風貌は見るものを魅了する独特なオーラを放っています。このマシンは1974年の富士GCビクトリー200キロレースに出場していた、マツダオート東京(寺田陽次郎)仕様を再現しています。エンジン、サスペンション、ブレーキなどにも手が加えられており、比較的数の多いRX-3のレーシングレプリカの中でも格段のスピードを誇っているマシンです。

サバンナRX-3

サバンナRX-3 1974年片山レーシング 片山義美仕様(オーナー:成田 秀喜)

同じロータリーユーザーであり、マツダ指定のスポーツコーナーでもあった「西の片山マツダ」に「東のマツダオート東京」。レースでは僚友でもあり、ライバルでもありました。特に片山義美はマツダワークスドライバーのチーフ格であり、“天才”または“怪童”とも呼ばれるほどの速さを誇っていました。一方マツダオート東京(現在の関東マツダ)は、ユーザー団体であるマツダスポーツカークラブ(MSCC)を傘下にもち、多くのカスタマーにレース体験の機会を提供していました。このマシンはもう1台のマツダオート東京仕様のRX-3と同様、1974年の富士GCビクトリー200kmレースに出場した「片山ワークスカラー」と呼ばれていたものです。

サバンナRX-3

サバンナRX-7 1979年デイトナ24時間レース仕様 77号車(オーナー:成田 秀喜)

1978年にデビューしたサバンナRX-7は、RX-3の名声を受け継ぐピュアスポーツカーとして登場。スタイリッシュなシルエット、軽量でハイパワーな12Aロータリーエンジンをフロントミッドに搭載し、卓越な操縦性で瞬く間にあらゆるモータースポーツシーンの主役の座につきました。その象徴的なレースが1979年デイトナ24時間レースです。デビューレースながら片山/寺田/従野組の7号車が総合5位 GTUクラス優勝を飾り、もう1台のW.ボーレン/J.ダウニング/R.マンデビル組の77号車が総合6位 GTUクラス2位という好成績を残しました。これが後の、ロータリー車によるIMSA 通算100勝へとつながる第一歩となりました。7号車は白とグリーンを基調とし、77号車は白と赤が基調となっています。

サバンナRX-3

MIZUNO・SPORTS・88S 1988年 富士GC参戦マシン(オーナー:大村 正昭)

富士スピードウェイをメインに1971年から1989年まで開催された富士グランチャンピオン(GC)レース。このマシンは、1988年とGC最終年となる1989年にエイエ・エルグ(フィンランド)のドライブで参戦したものです。シャシーはF3000マシンであるローラT88をベースにGCマシン用として専用設計されたローラT88/40、ボディカウルは東京R&D製オリジナルモデルの88Qで、エンジンはマツダ757に搭載されていた3ローター自然吸気の13Gの市販スポーツキット版である20Bエンジン(出力は約450馬力)が搭載されています。車両重量は640kg弱。

サバンナRX-3

デモラン - 現役マシン(スーパー耐久シリーズ)

ST5クラス DXLアラゴスタ・NOPROデミオSKY-D 17号車(チーム代表:野上 敏彦)

2015年開幕戦から、SKYACTIV-Dを搭載するデミオ ディーゼルで参戦。国内におけるディーゼルエンジン搭載車でのレース参加は、同チームが初。そのため序盤はディーゼル特有の開発に時間を要し、戦う態勢を示すことが難しい状況でしたが、シリーズを追うごとにマシンの戦闘力が向上。最終戦の鈴鹿では3位表彰台を獲得し、2016年は更にマシンの熟成を進め、開幕戦で2位、第3戦ではついに優勝を飾りました。シリーズチャンピオン獲得の最有力マシンといえます。

NOPROデミオSKY-D

ST5クラス ワコーズDXLアラゴスタNOPROデミオ 37号車(チーム代表:野上 敏彦)

2014年まで、チームNOPROの主力マシンだったワコーズDXLアラゴスタNOPROデミオ。先代DE型デミオの1.5ℓリットルガソリンエンジン車。軽量コンパクトなボディとすぐれた操縦性を武器に、常に安定した成績を残しました。2014年富士7時間レースでクラス優勝を遂げています。2015年は、チームNOPROのセカンドマシンとしてS耐シリーズにスポット参戦。2016年も同様にスポーツと参戦しています。

NOPROデミオ

ST5クラス odula MAZDA デミオ15MB 66号車(チーム代表:武地 孝幸)

2016年2月に発売された、モータースポーツを気軽に楽しむためのベースグレード「デミオ 15MB」が早くもスーパー耐久シリーズの開幕戦から登場。戦闘力を上げていくのはこれからとなりますが、チューニングに定評のある同チームに期待がかかります。

odula MAZDA デミオ15MB

ST5クラス 村上モータースMAZDAロードスターND 88号車(チーム代表:村上 博幸)

2015年までST-4クラスにNC型ロードスターで参加していた同チーム。本年より新型のNDロードスターに車両をスイッチし、デミオと同じST-5クラスで競うことになりました。ロードスターを知り尽くしている同チームは、新型車両への対応もスムースに行われ、第2戦では見事に優勝を飾っています。オレンジとグリーンのマシンは、チームの本拠地愛媛県の名産である「みかん」をイメージしています。

村上モータースMAZDAロードスターND

ST4クラス TC CORSE iRacing ROADSTER 54号車(チーム代表:加藤 彰彬)

NC型ロードスターで、参加3年目となるTC CORSE。絶対的なパワーに勝る86/BRZ、シビックタイプR、インテグラ、S2000などを相手に、コーナリング性能の高さと操安性に優れたハンドリングを武器に善戦しています。2015年ロードスターパーティレース NCクラスチャンピオンの堤 優威(20歳)をドライバーに採用するなど、若手ドライバーの育成にも力を入れています。

TC CORSE iRacing

レース

ロードスター・パーティレースⅢ
ロードスター・パーティレースⅢ

新型ロードスターワンメイクレース

富士チャンピオンレース
富士チャンピオンレース

ロードスターとデミオによる混走レース

※レース参加ご希望の方:レースのレギュレーションやお申込み方法、お問い合わせについては上記の各公式サイトをご確認ください。

街中でもサーキットでも。クルマと共に「走る歓び」を味わえる。走りを追求した標準装備と、サーキット専用の純正用品ラインナップも備えたモータースポーツベースグレードについて、詳しくはこちら。

レースマシン展示

マツダ 787B 1991年 ルマン24時間レース総合6位入賞 18号車

1991年ルマンに参戦した18号車(シャシーNo 787B-001)。デイビッド・ケネディ(アイルランド)/ステファン・ヨハンソン(スウェーデン)/マウリッツィオ・サンドロ・サラ(ブラジル)がドライブし、総合6位に入賞しています。当時ルマン出場にはWSPC全戦への参加が義務とされていたため、18号車はWSPCへのレギュラー参戦時のカーナンバーとなっています。ちなみに1991年にルマンに持ち込んだマシンは18号車、55号車の787Bと56号車の787に加え、18Tとしての787で都合4台でした。この個体は、1991年シーズン終了後にイベントなどで一般公開された事はなく、今回が25年ぶりの公開となります。

ルマン参戦時のデータ:
周回数355周 4828.0km / 平均速度 201.361km/h / レース時ベストラップ 3’42.185

マツダ787B 18号車

マツダ 787B 1991年 ルマン24時間レース優勝車 55号車

デモランするマツダ 787B 55号車を展示。
ルマン24時間レース優勝車を間近でご覧いただけます。

マツダ 787B

マツダプロトタイプ 2016年米IMSAシリーズ出場車

マツダUSAの公式チームであるマツダ モータースポーツにより、2016年 IMSAウェザーテック選手権に参戦しているマシンのショーカー。本年より2.0ℓ直噴ターボエンジン「マツダ MZR-2.0T」を搭載し、シャシー各部細部にわたる改良により、競争力は大きく向上しています。8月上旬までで、ポールポジションを3回獲得、6戦連続でトップ5フィニッシュ(内3位表彰台1回)を飾っています。また、ルマン優勝25周年を記念してデザインされた特別なカラーリングをまとったマシンが、第6戦ワトキンスグレンと、第7戦カナディアンタイヤモータースポーツパークに登場し話題となりました。

マツダプロトタイプ

マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ

TVゲームから生まれたドリームマシン。プレイステーション3専用ソフト「グランツーリスモ6」の、バーチャルスポーツカーのフルスケールモデル。同マシンは、2015年6月にイギリスで開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」のメインモニュメントとして、過去の栄光を意味するマツダ787Bと対比する形で初披露されました。日本国内ではこれまで「東京オートサロン2016」などのモーターショーで公開され、今回で5回目の公開となります。

マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ

スーパー耐久レース参戦マシン

展示及び、ピットワークパフォーマンスをご覧いただけます。

スーパー耐久レース参戦マシン

※イベント内容は諸般の事情により変更となる場合がありますのでご了承ください。